2014年7月29日火曜日

個人ホームページ上での論文の公開

論文誌や学会で発表した研究の原稿を自分のホームページでも公開したい場合がある。学会によって原稿の取り扱いが違うので、メモとしてまとめておく。
基本的には「Webサイトへの論文公開について」という文献を参考にしつつ、学会サイトで確認をした。(間違って理解しているところがあるかも。。。)


  • 電子情報通信学会
    論文発行後、権利表示されている出版社版PDFを公開することが可能。著者最終版については掲載不可。IEICE Transactions Onlineトップページへのリンクが必要。技術研究報告については、公開不可。
  • 情報処理学会
    発行前でも論文、研究会原稿などのPDFを公開することが可能。ただし、利用上の注意事項を書いておく必要がある。
  • 日本バーチャルリアリティ学会
    論文発行日から6ヶ月以上経過している場合には、掲載版のPDFを公開することが可能。
  • IEEE
    論文、国際会議原稿ともに著者最終版の掲載が可能。
  • ACM
    DOIを記載することで著者最終版の公開が可能。
  • Springer
    著者最終版の公開が可能。
  • Elsevier
    Open Accessの場合は、出版社版のPDFを公開することが可能。有料論文については著者最終版のみ掲載可能。

0 件のコメント:

コメントを投稿