2014年6月26日木曜日

iOS Developer Programの種類

iOS用のアプリを開発する場合、iOS Developer Programに参加する必要がある。個人だとiOSデベロッパプログラム(年間¥7,800, 2014.06.22現在)を選択することになる。

一方で、企業や大学などの団体で利用する場合は、以下の三種類から選択することが出来る。

  • iOSデベロッパプログラム(年間¥7,800, 2014.06.22現在)
  • iOSデベロッパエンタープライズプログラム(年間¥23,800, 2014.06.22現在)
  • iOSデベロッパユニバーシティプログラム(無料)
各プログラムの違いについては、Appleのサイトに比較表があるのでこちらを参考にすれば良い。
https://developer.apple.com/jp/programs/start/ios/

注意しないとならないのは、2014.06.22時点では、各プログラムに関して以下のような制約がある。

  • iOSデベロッパプログラム:1法人につき1ライセンス
  • iOSデベロッパエンタープライズプログラム:1法人につき1ライセンス
  • iOSデベロッパユニバーシティプログラム:学科ごとに1ライセンス
なので、まずは自分の所属する機関に相談してから申請する必要がある。

0 件のコメント:

コメントを投稿